男性と女性

タイヤ交換をリーズナブルに行なう方法|愛車の安全を守るサービス

タイヤが劣化する原因

タイヤ

タイヤの主な成分はゴムです。ゴムとは言っても輪ゴムのような素材ではなく、耐久性と弾力を併せ持つ素材が利用されています。車体を支える働きもあり、走行中の揺れや衝撃を吸収する役割も担っているタイヤは、経年劣化が生じるアイテムでもあります。ゴムは熱に弱く、直射日光を長く浴び続けるとヒビ割れしやすくなるのですが、例え駐車時に日陰を選んだとしても劣化は進むでしょう。走行中に道路との摩擦で徐々にすり減っていくため、どうしても交換は必要になります。タイヤの溝はスリップを防止するために存在するものですが、摩擦によって薄くなっていくとスリップしやすくなり、思わぬ事故を起こす原因になってしまうことがあります。空気が抜けていないからと言って走行を続けると、バーストの原因にもなるので、交換はしっかり行ないましょう。

市場に出回っているタイヤのほとんどには、劣化防止剤が含まれています。これはタイヤの性能・品質を保つために必要なものです。熱や紫外線によってタイヤが劣化してしまうことを防ぐ効果がありますが、年月が経つにつれてその効果が弱まるため、永久的にタイヤを使用出来るわけではありません。劣化防止剤が抜けるとタイヤの摩耗はより激しくなります。こうなるとバーストしてしまうリスクが高くなるので、早めに交換を行なうことが大切です。タイヤ交換を安く行なってくれるサービスを利用したい場合は、工賃を比較してみると良いでしょう。取り扱っているタイヤの種類が多いことも、サービスを選択するために注目すべきポイントです。